You×Strategy Consulting×Marketing×New Biz×Tokyo×・・・


by tkc-blog

さんま×ジミー

最高。。。
[PR]
by tkc-blog | 2008-07-26 22:53
そういえば、見ました。
織田裕二見たさに。

現代的な高校生の課題を織田裕二流に解決していくということで。
一言でいうと、GTO?
織田裕二的な細かい演出が光ってましたが。

初回の視聴率は、平均で20%を超え、上々の滑り出しのよう。
キーは、ごくせんと同様に、織田裕二と絡む生徒たち。
そして、ヒロイン北川景子の頑張りでしょうね。
月9ですもの。
[PR]
by tkc-blog | 2008-07-25 18:03

山本モナよ

素晴らしく自由奔放だな。
レギュラー番組が始まったばかりで。
まさか自らリークではないだろう。
うーん、素晴らしく自由奔放だ。
というか、病気だな。
[PR]
by tkc-blog | 2008-07-10 23:56
別にヒマではないのだが、触れずにはいられないので。
8分という限定でレビュー。

○松本人志
手堅く面白かったと思う。

○千原ジュニア(千原兄弟)
この人は、滑舌も悪いのになぜか面白い。
話の構成がねられていて、笑うべき箇所が明確。
誰もが間違うことなく笑える。

○宮川大輔
安定感があって良いと思う。

△ほっしゃん。
うーん、普通だった。

○河本準一(次長課長)
必死感が伝わりつつ、面白い。

○ケンドーコバヤシ
大好きだコイツは。キム兄の次くらいに。

○兵動大樹(矢野・兵動)
まあ、面白いんだけど。

○濱口優(よゐこ)
想定以上にがんばっていたので、○をあげる。

○世界のナベアツ
○だけど、ちょっと甘い入り方だった。
ネタはとっておかないで、出し切ってほしい。

△有田哲平(くりぃむしちゅー)
んー、しゃべりはつらいような。

◎小籔千豊
コイツは面白い。
MVSをとったのも納得。
構成、間、小話、ダークさ、詰まってたなー。
2度見て、2度とも爆笑してしまった。

△ゴリ(ガレッジセール)
今売れているはるな愛ネタは少しずるいような。

×矢作兼(おぎやはぎ)
すべらない話をなめてると思う。

△秋山竜次(ロバート)
あまり覚えていない。

△おにぎり(ニューロマンス)
なんかがんばっていたとは思う。

○近藤春菜(ハリセンボン)
まだまだ一人トークには修行がいるけど。

○中田敦彦(オリエンタルラジオ)
自虐ネタだけど、及第点を挙げられると思う。
[PR]
by tkc-blog | 2008-06-23 22:30

最終的に、根性

三谷の番組が最近でまくっていて、気づいた役者さん、浅野和之。
Wikipediaで調べてみました。

 三谷幸喜作・演出の舞台『You Are The Top 今宵の君』では、
 初日3日前に鹿賀丈史が病気で降板し急遽代役を引き受け、
 あっという間にセリフ・踊り・歌をマスターして初日予定日から4日後、舞台は無事幕を開けた。
 三谷はエッセイで「(浅野に)一生ついて行きます」と最大の賛辞を送った程である。

最終的に、チャンスを掴むのは、根性。でしょう!?
[PR]
by tkc-blog | 2008-06-14 23:07
数週間前に、メチャイケがバレーボールだかでやっていなくて。
その代わりに見ていたドラマ「Rookies」。
はまった。

不良が野球で夢を追いかけるというよくありそうな話なのだが。
ストーリーの内容は良いし、全体のバランスもよい。
さらに、役者も良いということで、これは見るべきドラマ、となる。

佐藤隆太の教師役はハマリ役だろう。
若干説明的な台詞回しが気になるが、いい台詞も多い。
生徒を一途に信じて、体当たりすることで、生徒を変えていく一連の流れが打たれる。

実は、宮崎あおいの夫の高岡蒼甫が良い。
普段はムードメーカー的で明るいのだが。
仲間を思うからこそ見せる苦汁の表情や、佐藤隆太の愛に対して不器用な反応を見せるところなども視聴者を引き込む顔をする。

そして、一番良いのは、市原隼人だ。
リリィシュシュで注目されていたことは昔から知っていたが、食わず嫌いしていた役者だ。
一言で表すと、純粋さ、か。
役の不器用で真っ直ぐで純粋な部分をしっかりと表現していて。
ここぞのシーンで彼が叫んだりすると、こちらが泣けてくる。
何か届いてしまうんだよな、っていう。

ということで、「ROOKIES」は確実に見たほうが良いです。
[PR]
by tkc-blog | 2008-06-08 18:10
映画の宣伝で三谷幸喜が露出しまくってます。
さっきTVを見ていたら、ガキ使に出てました。

三谷幸喜とサイレント図書館というモノで。
カードでドクロを引いたら負けで、敗者は×ゲームで色々くらうんですが。
図書館なので声を出したらダメというもの。

三谷は神の手か、というくらいドクロをひきまくってましたね。
一番面白かったのは、鼻わさび、で。
鼻の穴二つにわさびを突っ込む、という×ゲーム。
映画監督も大変です。

それにしても、三谷がでている番組を幾つか見ていますが。
彼は本当に面白いですね。
発言といい間合いといい絶妙に持ってくるなー、ていう。
やはり、キーとなるのは、こだわり、でしょうか。
[PR]
by tkc-blog | 2008-06-01 23:11

政治ドラマといえば

弘兼憲史の「加治隆介の儀」。
かなり昔に一気に読み上げた時には、熱くなったものです。

さて、今日から始まる「チェンジ」ですが。
予告で幾つかのシーンを見る限り。
この「加治隆介の儀」がキムタクドラマ流にアレンジされたように見受けられました。
彼と深津絵里、阿部寛ら脇役陣がキャラクターを如何に作り上げていけるかが成功を左右することでしょう。

それにしても、5月中旬から開始ていうのは面白いですね。
有象無象のドラマが開始する時期から外すことで。
一連のドラマを評価し終わって、物足りなさを感じているだろう視聴者をごっそり頂こうという感じなのでしょうか。
そういう意味でも、初回は非常に重要ですね。
[PR]
by tkc-blog | 2008-05-12 19:22

ごくせん

今までのシリーズはまともに見たことがなかったんだけど。
いいですね。
初めて通して見ました。
平成ジャンプのコは下手過ぎてきついなー。
松本潤、赤・亀にはなれないのではという感じ。
三浦春馬はいいね。
[PR]
by tkc-blog | 2008-05-03 20:53
食事をしながら、ハモネプを見ていたんですが。
そのまま、結局半分弱見てしまいました。

確実に青春ですね、これ。確実に。
見ていて熱くなってしまったよ。
テレビの人の狙い通り!
でも、熱くなれてありがとう、って感じ。

一組めちゃめちゃうまくて、聞惚れてしていました。
やはりその組が優勝していました。
でも、めちゃめちゃうまくない組(そこそこうまい)も、すげー楽しそうに歌ってるのをみて。
こちらも、なんだかうれしくなってしまったわけですよ、これが。
楽しんだもん勝ちってやつ。
そして、その楽しさは、見ているこちらにも伝わる。
つられて、愛唄とかそのままDLしてしまったぜ。

c0140324_2323567.jpg 「愛唄」 GReeeeN






見終わって。
熱くしないとなー、と思ったわけですね。
若いと熱くて、年取ると熱くない、って訳わかんないもんねぇ?
[PR]
by tkc-blog | 2008-04-08 21:55