You×Strategy Consulting×Marketing×New Biz×Tokyo×・・・


by tkc-blog

Researchers are Professional.

友人の結婚式は、新郎新婦とも理工学部であったので。
2次会では、同窓会と言ってもよいくらい理系同級生が集まっており。
みな、色々な方面に進んでいて、話していて面白かった。
私自身は、事務系の道に進んでしまったこともあり。
研究方面に進んでいる人の話が特に興味深かった。

私が知っている研究生活は、大学3年の後半から卒業するまでの1年ちょっとだけ。
しかし、このときのボスがすごかった(前述した通り、今は30代半ばで東大准教授)。
当時は、博士になった直後で研究機関の客員研究員の立場だったと思うが。
基本的に、朝から晩まで、実験か、論文を書いているか、しかしていない。
しかも常に集中しているように見えた。
ストイックではあるが、くらーい修行僧?のようには全くみえないで。
私が研究上の質問や議論をしたい際には、快く応じてくれて。
結構軽いテンションで議論させてくれた。
そのやり取りも、今考えると、非常にロジカルで無駄のないものだった。
卒業前の学会発表や著名論文への掲載(卒業後)の結果を出せたのは、自分自身の頑張りもあるが。
彼とのディスカッションによって、研究の仮説検証アプローチをクイックにできたから。
というのが大きな成功要因だろう。

私たちは、そんな当時の彼と同じくらいの年齢にさしかかっている。
博士までいった同級生の話を聞いていて、思ったのは。
彼らは、プロフェッショナルだ、ということだ。
あるものは、メーカーの中央研究所に行き。
あるものは、定期採用などしていない専門性の高い国家研究機関に行き。
あるものは、今夏、アメリカの大学に研究員として行く、という。
研究実績という明確な結果を継続的に求められ。
所属する研究機関にずっといるとは限らない。
自分の脳と腕だけを頼りに、日本だけでなく世界の研究員を相手に戦うわけだ。

知的能力を最大限に発揮できるのは研究者という立場なのかもしれない。
研究予算の問題はあるだろうが、個人の能力次第で、研究テーマを何本も走らせ。
結果を出しまくることも可能だろう。
先述の飛び級で卒業した国家機関に勤めるやつは、年に5本も論文を出しているらしい。

当時のボスや研究者である彼らと自分を比較してみると、、、
 オレ、ぬるま湯につかってる???
まー、もっと頑張らなアカンな。
[PR]
by tkc-blog | 2008-07-28 12:42