You×Strategy Consulting×Marketing×New Biz×Tokyo×・・・


by tkc-blog

愛と笑いの映画 (ザ・マジックアワー/三谷幸喜)

早速見てきました、「ザ・マジックアワー」。
三谷幸喜会心の作品ということでしたが、やはり期待値を超える良い出来でした。

一言で感想をあらわすと、愛と笑いであふれた映画、ということでしょうか。
三谷幸喜は、喜劇を追求しているわけですから、笑いがあるのはわかる。
加えて、佐藤浩市演じる主人公の映画・演技への一途な想いや。
映画制作に関係する様々な人の映画への純粋な姿勢などが。
ちりばめられているのを見て、ホロッとくる内容でした。
これらは、三谷自身の映画製作へのまっすぐでやさしい愛の表れでもあるわけですが。
そんな非常に細かいこだわりの内容や演出の数々を映画を見ることで浴びることで。
見ているこちら側もなんだかまっさらでピュアな気持ちにさせられたわけです。

ちょい役に豪華なキャストが取りざたされているが。
脇を固めていた、寺島進と小日向文世がすばらしくよかった。
もちろん、主演の佐藤浩市の快演(!?)も。
なんだかものづくりっていいな、て思わされた鑑賞後感が残りました。

ということで、早く見に行った方がよいですよ。
私も、また見に行こうと思います。
[PR]
by tkc-blog | 2008-06-09 19:28