You×Strategy Consulting×Marketing×New Biz×Tokyo×・・・


by tkc-blog

すぐやる、必ずやる、できるまでやる (日本電産 永守重信)

カンブリア宮殿はあまり見たことがないのだけれども。
偶然つけていたら、日本電産の永守重信社長の回でした。

M&Aで成長した会社であり、M&Aをした会社にはリストラしないでV字回復をする会社。
として認識はしていたのですが。
この社長のバイタリティで充満したキャラはすごいですね。

 すぐやる、必ずやる、できるまでやる

というのは彼の弁。
まさにその通りで、即断即決なスタイルで見ていてすがすがしい。
実際、結果として、すぐに、かならず、買収した会社は黒字にしているわけです。

番組では、買収した企業で再建をしている彼の一日が特集されているのですが。
すごい。
工場に入っては、「緊急」改善の嵐。
改善という言葉はよく耳にしますが、「緊急」という言葉がついているのが彼らしい。
京都弁で豪快に立ち回っているが、従業員を奮い立たせるように気が配られている。

また、創業当時の話が出ていたが。
わずか4人で町工場で立ち上げた企業だが、良い技術があったので。
日本では受け付けてくれないので、アメリカに売り込みに行った。それも、3Mである。
なんだかソニーの盛田昭夫のようだな、と思ったものだ。

村上龍や小池栄子らとのやり取りも非常に面白かった。
質問には即座に答えるのだが、全ての回答が面白く、ひきつけられる。
モーターメーカーで一見地味な商品を扱っているのとは正反対な感じだ。

番組の最後の方で、こんなようなことを言っていた。

 明日は今日よりも楽しいし(すばらしい?)、あさっては今日よりも楽しい

なんだか楽観的に聞こえるが。
彼は、この文章を自分の力で実現できるように。
pro-activeに仕事しまくっているわけですね。
[PR]
by tkc-blog | 2008-06-03 12:23