You×Strategy Consulting×Marketing×New Biz×Tokyo×・・・


by tkc-blog

芸能人のリポジショニング

リポジショニングを調べてみると、

 リポジショニング
 ・・・誤った位置づけがされている商品や不利な位置を占めている商品を新しい位置に移動させる 
 (*マーケティング用語集より)

芸能人とどういう関係があるのだ、と思った方もいるかもしれませんが。
たまには芸能ネタも混ぜたいなと思って、何かないかなと思い出したのが。
先日、テレビに流れていた「ダウンタウンDX」に出ていた安めぐみ。
安めぐみは、好きなタイプの男性に出会うとその人のスッポンポンを想像して身体がほてってくる、などと言っていた。
松本人志も呆れ気味で、最近の安さんはキャラがよくわからなくなっていますからね。
などと言っていたが、私自身も見ててポカンとしてしまった、という件です。

ということで、安めぐみですが。
元々はおっとり系のお父さんの癒しキャラだったのではないか。
よって、

 安めぐみのリポジショニング
  おっとり癒し
   ↓
  むっつりスケベ

正直、このリポジショニングは理解できない。
どんだけニッチ攻めるんだっていう。
本当に錯乱しているだけのような。。。
確か、リリーフランキーと何かの番組をやっていたと思うので、その影響でしょうか。

そんな安めぐみから端を発した芸能人のリポジショニングですが。
元々ある芸能人の芸・イメージ・メディアとそれを支持するファンとマッチングがいつしかずれていって、このままでは芸能界に生き残れないかも、という時に違う芸・イメージ・メディアに変えて他のファンとマッチングしていくという感じでしょうか。
芸能人が通常の商品・サービスに対応し、芸・イメージ・メディアが4Pに対応すると考えればよいと思います。

そういう意味で、芸能人のリポジショニング。
やはり中山美穂の例が有名です。

 中山美穂のリポジショニング
  アイドル
   ↓
  トレンディドラマの女優
   ↓
  映画女優

2回のリポジショニングを果たせた人はあまりいません。
映画女優を卒業した現在では、作家辻仁成と結婚して、確かヨーロッパにいるはずですが。
ひょっとしたら、

 続・中山美穂のリポジショニング
  アイドル
   ↓
  トレンディドラマの女優
   ↓
  映画女優
   ↓
  ①セレブ、②文化人、③作家などのどれか

の3回目のリポジショニングを果たす可能性があります。
最近はロンブーなどのお笑い番組で、女優・アイドル→いじられ系お笑いのリポジショニングする例が多いと思いますが。
このようにリポジショニングの視点で芸能人を時系列的に見るとおもしろいです。

[PR]
by tkc-blog | 2007-11-06 08:12